デンタルローンとフリーローンの違い

日本では健康保険制度が充実しているので、歯科治療も少ない負担で受けることができます。

しかし、保険適用の歯科治療にはいろいろな制約があります。

例えば、保険治療では使える素材や治療方法に制限があります。


これは、保険治療が決ま宇回復だけを重視していることによります。

その結果、周りの歯と調和した色合いの材料で治療を希望するなど、審美性を求める場合は保険治療では対応できないケースがあります。



そのような場合、保険外の自費治療であれば制約なく治療の素材を選んだり治療方法を選択することが可能です。

自費治療の難点は、保険治療に比べて治療費がかなり高額になってしまうことです。

そんな時は、デンタルローンを利用すれば、高額の審美的な治療を諦めずにすみます。

デンタルローンというのは使用目的を歯科治療費に限定して利用できるローン商品で、銀行や信販会社などで取り扱っています。
デンタルローンの仕組みは歯科治療費の立替払い制度の上に成り立っています。具体的には、ローンの契約先である信販会社などが歯科医院に治療費を支払い、患者さんは分割の治療費プラス手数料などの諸費用をローンの契約先に返済するものです。ここで、銀行や信販会社ではフリーローンや多目的ローンといったプランで使用目的を問わないローン商品も取り扱っています。

快適な暮らしを実現するためのデンタルクレジットが今、話題になっています。

こうしたフリーローンや多目的ローンを利用して、融資を受けたお金で歯科治療を受けることももちろんできます。
しかし、デンタルローンでは使途を歯科治療費に限定することで金利や手数料を抑えています。
また支払い回数も、一般には最大84回までで設定することができ負担の少ないローン契約を組むことが出来るという点でデンタルローンはフリーローンや多目的ローンよりもメリットが大きいと言えます。

livedoorニュースの為になる情報です。